日々のできごとを詠みます

日々のできごとを言葉にして残しましょう。写真を撮って言葉をのせるのもいいですね。言葉は、俳句にすると楽しいです。短歌でも和歌でも詩でも、、その時感じた事柄を残しましょう。

早春に日のさし渡る由比の浜

 鎌倉の由比ガ浜にも、早春の光がさしてきました。

 

 今日は、休日とあって浜辺を散歩する人、軽く走るひと、なかには、上半身を脱いで日を受ける人までと様々です。

 

 浜から海に現れる光の筋をみていると、いつも日本神話に載っている神渡りの話を思い出します。

 

 国を治める大国主を助けるため、海を渡ってくる小彦名の話です。

 

やはり、昔から、この情景を見ると、なにか神秘的な印象を感じたものなのでしょう。

 

f:id:pcpisjp:20240212143625j:image

 

***********

早春に日のさし渡る由比の浜

 

春暁に日のさし渡り神迎へ

 

のどかさに鳥も眠るや由比ガ浜

 

***********

 

先週は雪模様でしたが、今週は4月の陽気だそう

 

春は、もうそこまで来ているようです。。

 

 

春みぞれ鉢の金魚は沈みけり

金魚を飼っています。

 

冬場の金魚は、水温が低いために鉢の底でじっとしています。

鉢の水も水温が低いと、とても澄んで冷たそうです。

 

最近、少しづつですが姿を見せるようになって来たのですが、先日の春みぞれで、また沈んでしまいました。

 

f:id:pcpisjp:20240209151522j:image

***********


春みぞれ鉢の金魚は沈みけり

 

金魚飼う鉢を澄ますは春みぞれ

 

***********

沈んでいても、餌をあげると浮いてきますので、元気のようです。

 

花芽摘むメジロの姿浅き春

鎌倉の長谷寺に伺いました。

職場が近いので、朝出勤前に梅の花を見ようと寄ってみたのです。

 

f:id:pcpisjp:20240208152239j:image

 

梅の咲き具合は、四分くらいです、先日の雪がまだ日陰に残っているようで、風が吹くととても冷たかったです。

春まだ浅しです。

 

**************
花芽摘むメジロの姿浅き春

 

長谷寺に梅の気配も春浅し

 

長谷寺メジロ遊ぶも春浅し

 

*************

 

あと、一月ですかね  春となりは

 

 

立春の朝は霙になりにけり

今日は、暦の上では立春です。

そろそろ、梅も咲き始め春も近いかと思いきや

朝、目が覚めると外は霙模様でした。

f:id:pcpisjp:20240205171903j:image

昼すぎからは、雪に変わり、大雪注意報が出る始末です。

一昨日に行われた、落葉樹の剪定で小枝を落とされた木の枝に雪が積もって、一層に寒さを感じる一日になってしまいました。

 

********************

 

立春の朝は霙になりにけり

 

剪定の枝に積もるは春の雪

 

********************

 

三寒四温と言われます。

 

もう少しで、暖かな日も来ることでしょう。

 

梅の芽を待ってましたとめじろ摘み

近くの阿弥陀堂の門前の梅が、咲き始めました。

さっそく、めじろが飛んできて啄んでいました。

せっかく、咲いたのにと思いましたが、これも毎年の事で、自然な事なのでしょう。

そんな光景を眺めていると、少々雨が降ってきましたが、気のせいか、それほどの冷たさを感じませんでした、もうすぐ、春なのでしょうか。

阿弥陀様には、申し訳ないのですが、門前の梅を見つつ通り過ぎてしまいました。

 

 

 

*******************

 

梅の芽を待ってましたとめじろ摘み

 

あたたかな雨がふるなり梅一花

 

細雨の温もり感じ梅一花

 

阿弥陀堂寒梅見つつ通り過ぎ

 

*******************

 

調べてみるとメジロは、梅の葉芽を啄むので、花は残るようです。

 

せっかく、咲いた梅の花、ももの花が咲いて交代するまで、楽しませてもらいます。

古寺の梅一輪に冬薄れ

うめの花が咲き始めました。

 

古いお寺の門の脇に早咲きですか、静かに咲いていました。

気がつくと咲いてたと言った感じです。

 

まだまだ、寒さはこれからですが、少しだけ春を想うことができました。

**********

 

古寺の梅一輪に冬薄れ

 

寒過ぎて梅の花咲く極楽寺

 

**********

 

梅が咲いて、ももが咲いて、そして桜ですね、まだ、もう少し寒がりましょう。

 

 

襟巻の温もり冷ます寒の風

今年は、暖冬だそうですが、やはり大寒の時期は寒いです。

今朝の富士山は、まっ白に雪をかぶって見るからに寒そうな景観でしたが、とても綺麗なお山でした。

 

襟巻をして、分厚い手袋をして、出かけてきましたが、冷たい北風が吹くとせっかくの温もりが、冷めてしまいました。

 

***********************

 

襟巻の温もり冷ます寒の風

 

大寒に真白き富士の美しさ

 

***********************

 

そういえば、梅が一輪咲いていました、春は、もうすぐ?

いや、まだまだですね^^