日々のできごとを詠みます

日々のできごとを言葉にして残しましょう。写真を撮って言葉をのせるのもいいですね。言葉は、俳句にすると楽しいです。短歌でも和歌でも詩でも、、その時感じた事柄を残しましょう。

若夏の風を感じて茜空

 

暮れどきの風を快く感じられる季節になりました。

 

f:id:pcpisjp:20240523100736j:image

 

近くのお寺の参道の花も梅から桜に、そして躑躅と移り変わり、今は紫陽花が咲きはじめました。

f:id:pcpisjp:20240523101757j:image

 

もうすぐ梅雨ですね

心地良い夕暮れの風も夕焼けもしばらくはお預けになりますが、梅雨は梅雨で、また季節を楽しめる心地になりたいものです。

 

**************

 

・若夏の風を感じて茜空

 

・参道の花は移りて紫陽花に

 

・夕焼に見惚れて歩く夏始め

 

・夏始め鉢の金魚は仔沢山

 

**************

 

金魚鉢の金魚が卵を産みました。

沢山の稚魚が孵って、少し面食らっています。

f:id:pcpisjp:20240523103835j:image

 

 

 

 

房ゆれてかほり漂う清和かな

藤の房が素敵な頃ですね

薄紫の藤、白の藤、 一年のうち、たぶん十五日ほどの短い間楽しめる情景です。

この短い期間の情景は、昔から沢山の詩や句に詠まれています

 

f:id:pcpisjp:20240503184043j:image

 

**************

 

房ゆれてかほり漂う清和かな

 

春すぎて薄紫に垂れる藤

 

うら山にポッとむらさき藤の花

 

**************

 

もうすこし経つと 紫陽花 ですね

 

 

 

 

苔の道緑一色若もみじ

青もみじが綺麗です。

もちろん、秋の紅葉は素敵ですが、この時期からの青もみじは清々しい気分にしてくれる大好きな情景です。

お寺の参道で苔の緑とのコントラストがとても、気持ち良かったです。

f:id:pcpisjp:20240424062334j:image

 

**************

 

参道にしばしたたずみ青もみじ

 

参道の影も緑に青もみじ

 

苔の道緑一色若もみじ

 

**************

 

やはり、お寺が似合いますね、青もみじ

苔の道と若いもみじで緑あふれる参道でした。

 

散る花をそっと見守る鉢の花

桜は散りましたが花壇には、たくさんの花が咲いています。

俳句で花と言えば、桜のことを指すようですが、この季節は綺麗な花が咲きほこっています。

もう少したつとツツジが咲いて藤も咲いて来ます、ハナミズキもです。

そして、紫陽花の頃になりますね。

 

f:id:pcpisjp:20240418145654j:image

 

**************

 

・桜散り花壇の花は今盛り

 

・散る花をそっと見守る鉢の花

 

**************

 

桜も八重や枝垂れは、今が盛りです。

まだまだ、たのしめそうです。

 

 

夕焼けに映る岬の山桜

今年は、寒い日が続いて桜の開花が遅れていましたが、とうとう咲き始めました。

咲き出すと早いもので、もうすぐ満開になる木もあるようです。

俳句では、花と言えば桜です。

なので、桜に関連した季語は、とてもたくさんあります。

例えば、、

初桜、山桜、八重桜、夕桜、朝桜、夜桜、枝垂れ桜、桜吹雪、とうとう

花は咲けども、なども桜を詠んでいるものです。

 

 

**************

 

・夕焼けに映る岬の山桜

 

・雨あがり鎮守の社に初桜

 

・吹く風に花びらゆらす三分咲き

 

 

**************

 

桜の開花が遅れた分、散るのが早くなる予報が出ていました。

散る桜もきれいですけど、もう少し咲いていて欲しいものです。

西吹いてかすみの空へ雁帰る

すこしづつ暖かくなってきたかな と思ったら

またまた寒い日になりました。

これが三寒四温なのですかね、寒い日の方が多いような感じもしますが、、、

でも、なんとなく空には、霞がさして渡鳥たちは、帰って行くようです。

 

f:id:pcpisjp:20240324130229j:image

 

**************

 

西吹いてかすみの空に雁帰る

 

春の浜帰り支度の鳥の群

 

凪の浜春夕焼にとび一羽

 

江の島に春の夕焼朧富士

 

**************

 

週が明けると桜の気配があるようなので、楽しみに寒さに耐えます。

夕凪の春夕焼けにとび一羽

鎌倉の由比ガ浜に古い神社があります。

創建は不明だそう、拝殿の額には、大太刀稲荷とありましたから稲荷社なのでしょう。

近くには、稲瀬川が海に流れ込み、きっと数々の歴史がこの社の前で起こったことでしょう。

少しづつ暖かくなってきた、春の日に神社詣でをしました。

*************

 

・夕凪の春夕焼けにとび一羽

 

・江の島に春の夕焼け朧富士

 

・海沿いの社に眺め朧かな

 

・古社いわれは知らず春の月

 

*************